文与門堂のひとりごと

2019年01月31日

京の老舗表彰

昨日は、三時から臨時休業をいただいて、京の老舗表彰に出席させて
いただきました。

昨年から、多くのかたのご協力で100年以上続けているお店として、
承認していただきました。

きっかけは、明治12年の奥海印寺に残っていた古文書に名前を発見したことから。
文右衛門というご先祖さまの名前です。
そこから、いろいろと追跡しました。
自分のルーツを探すきっかけともなって、なかなか興味深いことでした。

京都には1944社の100年以上の企業があるということ。
550年というお店もあり、ただただびっくりです。

この賞をいただいて、本当にご先祖様に感謝するとともに、地域の方や多くの仲間に
助けていただいていることを強く思いました。

これからもどうぞ、多貝酒店をよろしくお願いします。

                 

                 

文与門堂

2018年11月03日

世界食べものマップ

                  

きたきた。笑
ネオべジ仲間の情報で、同じくゲットしました。

絵もかわいいし、世界の食べ物がいっぱい。
楽しくてしかたない。笑

文与門堂

2018年05月31日

ウエッジウッドローズ

                          

ウエッジウッドという名前のバラ。
また会いたいと思っていた社長さんとの再会ができず、
バラの苗を思い出に買いました。

社長さんが語っていた夢の楽園は見ることができませんでした。


今年1輪咲きました。
どんどん綺麗な花をつけてほしいな。

もう会えることはないけど、出会えたことに感謝したい。

文与門堂

2018年02月28日

人形ペンケース。

20年使っている、お気に入りのペンケース。
この形みたら、知っているかたもいるはず。
嵐山にあるブルースさんの人形ペンケース。

使いすぎて、かなりぼろぼろになったけど、さよならできず・・・
やっと、再生いたしました。笑

これで、また20年使えるよ!
まあまあ、パッチワークで肩こりですが・・・。

               

ブルースさんのペンケースにご興味のある方は

www.bruce-kyoto.com



文与門堂

2017年09月12日

初めての自分のための香り。

調香という言葉を初めて聞いてから、ずっと行きたかった。
色々な天然の香料を匂いでみて(調香では聞くというみたい。)、
心の状態を分析していくのです。

臭覚は脳と体と心にとても密接しているようです。
不思議な体験をしました。

初めての自分のための自分の香りは、自分では想像できないもの。
不思議な感覚。
何か月?何年?かすると、自分が感じる香りも変化するみたい。

次に行くときは、どんな香りになっているかもとても興味深い。
そして、今の香りを大切にしよう。

                       

文与門堂

以前のひとりごと

PAGE TOP